お墓と墓所をどこに構えるべきか

お墓は、誰でもどこにでも建てられるわけではありません。

墓地があってお墓が立てられます。

「墓地、埋葬等に関する法律」略して「墓埋法」という法律にのっとって、決められた場所に墓地をもうけることができます。

お墓を買う時は、まず墓地を探します。

先祖代々の墓地がある人は、その墓地がどういった墓地かを確認します。

先祖代々のお墓があれば、そこに自分も入るのか、入ることができるのかの確認が必要ですし、あまりに老朽化が進んでいるお墓ならば、建て替えを検討することになるでしょう。

墓地が寺院墓地で、代々の宗旨宗派が決めたお墓の形態があり、自分もその宗旨宗派であるという場合は、その寺院墓地が指定するお墓を建設することになります。

一方、自分の宗旨宗派と先代の信仰とが違う場合や、墓地が今では誰も住んでいない、先代の実家があった地方にある場合で、自分たち家族が墓参りなどを行うのが現実的ではない場合などは、自宅の近くに墓所を求めることになります。

寺院墓地の場合は、檀家制度にのっとって、自分が檀家にならなければ墓所をもうけることができません。

しかし公営の公園墓地など、宗旨宗派にこだわらず、どんな人でも墓所をもうけることができ、墓石なども比較的自由に選択することができるところもあります。

自分や自分の家族のために新たに墓所をもうける場合は、どういった場所を終の棲家にしたいと考えているのか、一度整理して考えてみましょう。

少子高齢化が進み、人口が大都市圏に集中する現代ですから、お墓と墓所について、家族で一度フランクに話しをしてみるのも大切です。

【check】お墓解明アシスト